求人件数

最終更新日

海外・アジアで働く人々の就職体験談!連載企画『アジアで働く』

STARTEK現場社員インタビュー

海外就職体験談 2021-11-19


マレーシアBPO企業 STARTEK
~現場で働く社員の声~



カモメアジア転職の求人の中でも特に人気を得ている、マレーシアのBPO企業「STARTEK(旧AEGIS BPO Malaysia Sdn Bhd)」。

実際にはどのようなお仕事なのでしょうか? 気になる業務のこと、働くきっかけ、マレーシアで暮らす魅力……などについて、実際にSTARTEKで働く社員に伺いました!




Mayuさん
大手通販会社のカスタマーサポート トレーナー
※現在は別プロジェクトにて活躍中です。

「苦手だった電話対応。やがて成果が評価され昇格へ」




1994年生まれ。大学では人文学を専攻し、新卒で葬祭コーディネーターとして就職。現在はカスタマーサポートのトレーナーとして活躍している。



海外での仕事や生活への憧れが
諦めきれなかった

海外旅行が好きで、いつか海外に住んでみたいという気持ちはずっとありました。本当は留学をしたかったのですが、経済的な理由で断念しました。しかしその悔しさから、漠然とですが海外で働くことを考えるようになります。大学卒業後は、日本で葬祭コーディネーターとして葬儀の運営などを行っていました。もともと興味がある仕事でやりがいはあったのですが、海外への思いが捨てきれず、気づけば海外転職サイトを眺めていました。


選考を受けたのは1社のみ。
決め手は「直感」

マレーシアには行ったことがありませんでしたが、インターネット上の情報で雰囲気がわかっていたこと、英語が苦手だったため語学不問で働ける求人があったことが働く国としての決め手になりました。その中でもSTARTEKを選んだのは、選考が非常にスムーズで早かったことが大きかったですね。選考を受けたのはSTARTEK1社のみ。直感で決めました(笑)。応募からマレーシア渡航まで、たった3か月というスピードで進んでいきました


苦手意識があった電話対応も、
量をこなして成績を上げてきた

約1年半前に、大手通販会社のエージェントスタッフ(オペレーター)としてSTARTEKに入社しました。前職でも個人のお客様とのやり取りがあったため、CS業務に抵抗はなかったものの、電話対応は少し苦手意識がありました(これは共感いただける方も多いのではないでしょうか?)。しかし、単純に量をこなすうちに慣れてきて、成績にもつながるようになっていきました。その成果を評価され、半年前にトレーナーに昇格。新入社員への敬語の使い方の指導から、中堅社員のスキルアップまで様々な研修を担当しました。


あれこれ考えすぎず、
自分の直感を信じることも大事

海外で就職をするという事は、人によっては人生の分岐点にもなり得る大きな挑戦になると思います。だからこそ一度決めたら直感で動くような大胆さも必要ではないかと思います。事前に色んな選択肢を吟味することは大事ですが、ネットの情報には無い、実際に自分で体験してみて初めてわかることもあります。なんとなく「いいな」と思える感覚も大事にしてみてもいいのではと思います。




モトアキさん
フードデリバリー会社カスタマーサポート バイリンガル対応チーム

「現地のマイペースさが心地良い。ビーチでのリラックス時間も最高」




大学生の時ベルギーに留学。前職は高校の英語教師をしていた。得意の英語を活かして、バイリンガル対応チームに所属している。



自分の英語力を活かせる仕事をしたかった
元々異文化交流に興味があったので、様々な国籍・人種が集まるSTARTEKの社内環境に魅力を感じました。また、マレーシアに来る前は日本で高校英語教師をしており、引き続き自身の英語力を生かした仕事をしたいと思っていました。現在の部署では日本人の他に、韓国人・中華系マレーシア人の同僚、そしてアメリカ人のクライアント様と共にお仕事をさせて頂いています。英語・日本語・韓国語・中国語の飛び交う刺激的な環境の中で毎日新たな発見や学習があり、充実した日々を送っています。


日本にはない現地のマイペースさが、
心に余裕を与えてくれる

レストランや店頭でのスタッフの対応は日本とは大違いですね。日本のようにかしこまった挨拶はありませんし、オーダーや料理提供の際のスタッフののんびりとした接客には最初は驚きましたね。南国育ちのマレーシア人には「急ぐ」という概念がないのだろうか?と。時間に正確で何事に対しても律儀な日本がたまに恋しくなる時もあります。しかしその反面、日本では自分が働く方の身になった時、同じような律義さを求められます。もちろんマレーシアだからと言って怠けていいわけではありませんが、細かな事を気にしないこのマレーシアのリラックスした風潮は、私たちが仕事をする上で、心に大きな余裕を与えてくれます。初めは一見短所のように見えたマレーシアのマイペースな文化でしたが、今はむしろそのマイペースさに心地良さを感じてきていますね。


日本にいるような安心感があり、
不便さは感じない

大学生時代に単身でベルギーに留学した経験もあったので、海外移住に対して全く不安はありませんでした。もちろん家族や友人と離れてしまう事への寂しさはありますよ。近くにいると当たり前になってしまう家族や友人ですが、海外に渡り、離れて暮らす事で、改めてそのありがたみを強く感じます。有休消化率の高いマレーシアでは年2回ほど、一週間近い長期休暇の取得が可能です。一時帰国し、久しぶりに家族や友人に再開した際の感動は何事にも代えがたいものですね。また、マレーシアには多くの日本人が住んでいるので、日本食料理店や日本の病院もあります。自国の料理がいつでも食べられたり、万が一病気になったとしても日本語で対応してもらえたりするので、海外にいながら日本にいるような安心感があります。


週末には国内の美しいビーチや、
近隣諸国へサクッと旅行へ

クアラルンプールは、実はあの有名な航空会社「エアアジア」の本拠地でもあり、東南アジアのハブ的存在です。タイやベトナム、フィリピンといった周辺国へのアクセスが抜群なので、サクッと週末海外旅行もできます。もちろん海外旅行だけでなく、国内旅行も充実しており、マレーシアには息を呑むほど美しいビーチが山ほどあります。中でも私のお気に入りは「ペルフェンティアン島」です。最低限のレストランと宿しかない離島で、一日中、ビーチで昼寝・海水浴・スノーケリングを繰り返す、そんな究極のスローライフを味わいました。たまには携帯やパソコンから身を離し、自然に身を委ね、リラックスする時間が必要だなと感じました。





モリタさん
デリバリー会社カスタマーサポート バイリンガル対応チーム

「得意の語学を活かして、日本と異なるキャリアを作る」




1990年生まれ、大阪府出身。大学卒業後、就職を経てイギリスで2年間ワーキングホリデーを経験。その後、外資系ホテルのセールス&マーケティング部に就職。コロナ禍をきっかけに、STARTEKへ転職する。



前職ホテル業はコロナ禍で大打撃。
語学力を活かしてカスタマーサポートへ転身

私は入社1年目。コロナ禍にマレーシアへやってきました。前職はホテルに勤めていましたが、ご存じのようにホテル業界はコロナ禍で大打撃を受けています。そうした時に、海外転職エージェントからSTARTEKの求人案内をもらい、一気に心が動きました。得意の英語が活かせる「バイリンガルポジション」だったことも応募の決め手です。
現在は、デリバリー事業に所属しています。お客様対応という業務上、電話口にいるお客様はパニック気味だったり感情的だったりすることもしばしば。しかし、お客様が何に困っているのかを正しく理解し、解決方法をご案内すれば、お客様はほっとした声へと変化します。
また、経験を重ねるほどに、お客様が直面する問題の傾向も見えてきて、よりご案内もスムーズになってきます。そうはいっても、お問い合わせ内容はとても幅広く、毎日勉強の日々です。ですが、決まりきった単純作業は少し物足りないと感じる性格なので、今の仕事は私にぴったりだと感じています。


幅広いキャリアパスで、
部署移動や昇格のチャンスあり!

STARTEKの魅力は、キャリアパスの幅広さだと思います。私は入社してから半年ほどで現在の部署への移動を希望し、それが叶いました。また、別部署では入社1年目の方が、その能力や業績が認められて管理者に昇格されています。今現在、様々なプロジェクトが立ち上げられ、社員には多くのチャンスが与えられています。私自身、今後どんなふうに活躍していけるか楽しみです。


マレーシアは日本人に住みやすく、
はじめての海外移住・転職に最適

「マレーシアは日本人にとって住みやすい国だ」とよく言われます。移住してみると一目瞭然。マレーシアは日本のものであふれていて「ここは日本なの⁉」と思ってしまうほどです。しかも、STARTEKには日本人社員が多く、外資ならではのフレンドリーな雰囲気もあって、困ったときに相談しやすいです。英語に不安がある方や初めて海外移住・転職される方にとって、安心できる環境だと思います。


日本とは異なるキャリアが開かれた場所で、
自分らしくチャレンジできます!

私は、学生時代に留学する機会に恵まれず、一度就職してからイギリスで2年間ワーキングホリデーを行いました。そして現在はマレーシアで働いています。これらの経験から「チャレンジすればなんでもできる」というマインドセットに切り替わりました。
マレーシアで就職すると、日本にいた時とは異なるキャリアが開かれます。日本では《他人と同じような人生を歩むことが正しく、幸せである》という価値観が一般的ですが、自分らしくカラフルに生きることも悪くありません。
新しい場所に飛び込むには勇気が必要ですが、これから新しくチーム加わる方で何か不安を感じている方がいらっしゃれば、気軽に声をかけていただければと思います!





佐々木 柚香子さん
フードデリバリー会社カスタマーサポート 日本語対応チーム

「語学力を伸ばしたい!」と海外就職に挑戦。自分らしく成長できている




1996年生まれ、千葉県出身。入社2年目。学生時代にイギリスに短期語学研修、インドで3週間のフィールドワークを行う。新卒でホテルフロントに就職するも、語学力を伸ばしたいと考え海外転職を決意する。



インドでのフィールドワークが、
海外就職を意識するきっかけに

大学生の頃、女性への差別や暴力をテーマに研究していました。その一環で、インドで3週間のフィールドワークをしたことがあります。その時、日本とは異なる環境や価値観に触れることができて「もっと世界を見てみたい、海外で働きたい」と考えるようになりました。しかし、新卒で海外就職することは難しく、一度は日本国内で就職することに。語学力も伸ばせるだろうとホテルに入社したのですが、実際は英語を使う機会が少 なく、思い切って再び海外就職を目指すことにしたのです。
決して語学力に自信があったわけではなく「語学不問、海外就職」で仕事を探しました。その時STARTEKの「日本語カスタマーサポート」を見つけて「これだ!」と思ったんです。


入社当初は苦労したトラブル対応も、
上司からのアドバイスで克服できた

現在はフードデリバリーサービスの部署に所属しています。寄せられる問い合わせは「商品がとどかない」「間違っている」「こぼれていた」など、トラブルに関するものです。早急な対応が求められるため、入社当初は苦労することもありました。
温度感の高いお客様にどう対応すべきか、どうすれば納得いただけるのか……。悩んでいた時、管理者の方にコーチングしてもらいました。すると、自分自身の対応の改善点が見えてきて、お客様に寄り添った対応ができるようになってきたんです。
今では、お客様から感謝を伝えられることも増えています。それが毎日のモチベーションになっていますね。


快適な住まいと医療の安心感が、
海外生活の重要なポイント

これまでマレーシアに来たことはありませんでした。知らない土地に飛び込んだわけですが、今ではとても住みやすい場所だと感じています。物価が安いこともその理由のひとつです。 例えば一人暮らしのコンドミニアムであれば、1,800リンギット(約50,000円)出せばジムやプールのついた快適な場所で暮らすことができます。
また、日本人向けの医療環境が整っていることも大きなメリットです。会社近くに日本語対応可能な病院があり、会社加入の医療保険を使って受診することができます。万が一の時にも充実したフォローがあることは、海外生活をするうえで大切なポイントですから。


日々の生活の中で、
語学力を伸ばすことができる

若いうちに海外で挑戦したい方や、英語が苦手な方にとってもマレーシアのコールセンターという仕事はぴったりなんじゃないでしょうか。 最初から英語を使って仕事をするのはかなりハードルが高いですが、STARTEKなら日本語のみで仕事が可能です。英語力がなくても問題ありません。そうした安心感がありながら、社内は多国籍なスタッフが多くグローバルな環境です。プライベートに英語に触れられる機会も多いです。
私は日本にいたときは文法や発音ばかりが気になって、英語を使うハードルが上がってしまっていました。ですが、マレーシアに来てみると、訛りがあったり、多少文法が違ったとしても、多くの方が堂々と英語を話しています。次第と自分も臆することなく話せるようになってきました。
STARTEKで働く社員のきっかけや目標は人それぞれ。新たなメンバーに出会えることを、私も楽しみにしています。


*******








あわせて読みたい関連記事

<求職者の皆様にお願い>
カモメに掲載されている求人情報は、求人掲載企業に対して求人情報に虚偽がないようにお願いはしておりますが、掲載内容の全てを保証するものではありません。労働条件・待遇等については、ご自身で企業に十分確認されることをお願い申し上げます。また、求人掲載内容と実際の労働条件が著しく異なる場合、大変お手数ですが以下までお知らせいただけますようお願いいたします。弊社から求人掲載企業に誤記・虚偽がないか確認をさせていただきます。ご連絡先:info@kamome.cn