求人件数

最終更新日

その他

STARTEK現場社員 Interview

海外就職体験談 2019-09-09


マレーシアBPO企業 STARTEK
~現場で働く社員の声~



カモメでも人気の就職先である、マレーシアのSTARTEK(旧AEGIS BPO Malaysia Sdn Bhd)。

「実際どんな人が働いているの?」
「どうしてSTARTEKで働いているの?」
「色んなポジションがあるけどその違いは?」

などなど、気になることを社員の方にインタビューをしました!

線

柘植鮎乃さん
大手通販会社のカスタマーサポート チームリーダー

「多様性のあるメンバー。そして成果はきちんと評価される」


柘植鮎乃さん

1986年生まれ
前職:営業、事務、EC立ち上げ
留学経験:あり(幼少期にカナダ留学)
入社年数:2年目



成果に対してきちんと評価される環境が自分に合っている
私は大手EC会社様のカスタマーサポートチームのリーダーとして、20名程度のチームをマネジメントしています。前職は営業や営業事務、子供服のネットショップの立ち上げ等をやっており、Startekではコールセンター未経験からスタートしました。日本で働いているときは、自分の成果や結果が評価や給料面に反映されにくいと感じておりましたが、今の職場では入社4か月でサブリーダー、1年ちょっとでリーダーに昇格したのでこのスピード感は外資ならではだなと感じています。


家族から話を聞いて、マレーシアが住みやすそうだと感じた
弟が中学生の時に母親と一緒にマレーシアに留学していたんです。私は家族が暮らすまで、マレーシアに行ったことがありませんでしたが、家族に会いにマレーシアに度々訪れるようになり、住みやすそうな印象がありました。もともと私は海外旅行が好きで海外で働いてみたいという気持ちがあったので、マレーシアを転職先の選択肢の一つとしていました。最終的には配偶者と一緒にマレーシアに渡り、Startekで働くことを決めました。


様々な背景を持つメンバーを管理する経験は財産になっている
メンバーの中はStartekが初めての社会人経験という方もいるので、コミュニケーションは特に考えながら行っています。彼らにとって(1社目だと)比較対象がないので、理解しがたい部分はどうしても多いと思うんです。個人の決まっている数値目標とは別に、私との目標を一緒に設定することで行動に落とし込みやすくしています。コールセンターであれば、誰か一人のメンバーにフォーカスするのではなく、全員のベースアップが必要になります。20名全員を管理するのは大変ですが、入社数年でこの経験を積めたことはよかったと感じています。


日本と比較せず、その国を楽しもうと思えることが大事
暮らしやすいと言われるマレーシアですが、やはり日本とは違うため、生活の中で気になることは出てきます。でもそれは海外であることの証明で、日本ではできない経験を面白がってほしいです。日本との比較で優劣をつけるのではなく、その国を楽しむという意識が大事だと思います。また、仕事はどの国へ行っても仕事なので、日本と同様にしっかりやらなければなりません。ただ仕事とプライベートをはっきり分けることができる環境のため、オンオフの切り替えができる人であれば海外生活を充実させられるのではないでしょうか。




川東茉由さん
大手通販会社のカスタマーサポート トレーナー

「苦手だった電話対応。やがて成果が評価され昇格へ」




1994年生まれ、大学(人文学部)卒
前職:葬祭コーディネーター
留学経験:なし
入社年数:2年目



海外での仕事や生活への憧れが諦めきれなかった
海外旅行が好きで、いつか海外に住んでみたいという気持ちはずっとありました。本当は留学をしたかったのですが、経済的な理由で断念しました。しかしその悔しさから、漠然とですが海外で働くことを考えるようになります。大学卒業後は、日本で葬祭コーディネーターとして葬儀の運営などを行っていました。もともと興味がある仕事でやりがいはあったのですが、海外への思いが捨てきれず、気づけば海外転職サイトを眺めていました。


選考を受けたのは1社のみ。決め手は「直感」
マレーシアには行ったことがありませんでしたが、インターネット上の情報で雰囲気がわかっていたこと、英語が苦手だったため語学不問で働ける求人があったことが働く国としての決め手になりました。その中でもStartekを選んだのは、選考が非常にスムーズで早かったことが大きかったですね。選考を受けたのはStartek1社のみ。直感で決めました(笑)。応募からマレーシア渡航まで、たった3か月というスピードで進んでいきました


苦手意識があった電話対応も、量をこなして成績を上げてきた
約1年半前に、大手通販会社のエージェントスタッフ(オペレーター)としてStartekに入社しました。前職でも個人のお客様とのやり取りがあったため、CS業務に抵抗はなかったものの、電話対応は少し苦手意識がありました(これは共感いただける方も多いのではないでしょうか?)。しかし、単純に量をこなすうちに慣れてきて、成績にもつながるようになっていきました。その成果を評価され、半年前にトレーナーに昇格。現在は新入社員への敬語の使い方の指導から、中堅社員のスキルアップまで様々な研修を担当しています。


あれこれ考えすぎず、自分の直感を信じることも大事
海外で就職をするという事は、人によっては人生の分岐点にもなり得る大きな挑戦になると思います。だからこそ一度決めたら直感で動くような大胆さも必要ではないかと思います。事前に色んな選択肢を吟味することは大事ですが、ネットの情報には無い、実際に自分で体験してみて初めてわかることもあります。なんとなく「いいな」と思える感覚も大事にしてみてもいいのではと思います。




国府田成美さん
大手旅行会社のカスタマーサポート チームリーダー

「助け合えるファミリーのような環境。英語力もアップ」




1990年生まれ、外国語専門学校卒
前職:空港での案内業務
留学経験:なし
入社年数:4年目



問題の解決と、チームの管理がミッション
現在、旅行会社様のカスタマーサポートチームのリーダーを務めています。チームリーダーの仕事は大きく2つあり、緊急を要する問題の解決と、チームの管理です。1つ目については、たとえば海外の空港で日本人のお客様が「飛行機に乗り遅れてしまった」「チェックインできない」というような差し迫った状況の問い合わせです。素早く状況判断をし、すぐにアクションをすることが求められるものを対応します。また、チームメンバーの管理、指導に関しては、採用面接から担当し、成績の管理、勤怠管理を含めて、メンバーのキャリアアップを一緒に目指していきます。


お客様の旅行をトータルサポートできることに魅力を感じた
もともと空港で働いていたのですが、仕事としてはお客様のお迎えとお見送りだけだったので、その先のお客様の旅行体験を知りたいと思ったことがきっかけですね。旅行全体をサポートする仕事に魅力を感じました。また、英語力をさらに伸ばせる環境だったことも良かったです。マレーシアには一度も行ったことはありませんでしたが、東南アジアに旅行で訪れた際、気候も食べ物も良い印象があったのであまり不安はありませんでしたね。


お客様から名指しやリアルタイムでフィードバックを貰えるお仕事
お客様から、名指しでメンバーに対する感謝の言葉をアンケートでいただくことです。このようにアンケートを書いてくださるお客様は全体の1割もいませんし、わざわざ感謝の気持ちを伝えるために書いてくださったことを嬉しく思います。逆に言うと、ネガティブな声をいただいたときは一層しっかりと受け止めなければと思うのですが…。
また、このお仕事はリアルタイムでお客さんのフィードバックを受け取れるため、接客スキルは伸びる環境だと思いますね。


お互いの状況を理解しているからこそ助け合える環境
仲が良いです。新入社員が入社してくれば、先輩社員がご飯に誘って一緒にランチに行きます。シャイな人があまりいない気がしますね。仲が良くなる理由は、お互いが仕事の辛さを理解しているからではないでしょうか。トレーニングでたくさんの知識を覚えて、お客さんの難しい対応をして、その大変さを全員が経験しているので、わからないことがあったときに自然と助け合うようになっています。また、海外で頑張っている日本人同士だと一体感がありますし、ファミリーのような関係になりやすいと思います。




モトアキさん
チケット販売サイトチーム カスタマーサービスのオペレーター

「現地のマイペースさが心地良い。ビーチでのリラックス時間も最高」




前職:高校の英語教師
留学経験:あり



自分の英語力を活かせる仕事をしたかった
元々異文化交流に興味があったので、様々な国籍・人種が集まるSTARTEKの社内環境に魅力を感じました。また、マレーシアに来る前は日本で高校英語教師をしており、引き続き自身の英語力を生かした仕事をしたいと思っていました。現在の部署では日本人の他に、韓国人・中華系マレーシア人の同僚、そしてアメリカ人のクライアント様と共にお仕事をさせて頂いています。英語・日本語・韓国語・中国語の飛び交う刺激的な環境の中で毎日新たな発見や学習があり、充実した日々を送っています。


日本にはない現地のマイペースさが、心に余裕を与えてくれる
レストランや店頭でのスタッフの対応は日本とは大違いですね。日本のようにかしこまった挨拶はありませんし、オーダーや料理提供の際のスタッフののんびりとした接客には最初は驚きましたね。南国育ちのマレーシア人には「急ぐ」という概念がないのだろうか?と。時間に正確で何事に対しても律儀な日本がたまに恋しくなる時もあります。しかしその反面、日本では自分が働く方の身になった時、同じような律義さを求められます。もちろんマレーシアだからと言って怠けていいわけではありませんが、細かな事を気にしないこのマレーシアのリラックスした風潮は、私たちが仕事をする上で、心に大きな余裕を与えてくれます。初めは一見短所のように見えたマレーシアのマイペースな文化でしたが、今はむしろそのマイペースさに心地良さを感じてきていますね。


海外にいながら日本にいるような安心感があるので、不便さは感じない
大学生時代に単身でベルギーに留学した経験もあったので、海外移住に対して全く不安はありませんでした。もちろん家族や友人と離れてしまう事への寂しさはありますよ。近くにいると当たり前になってしまう家族や友人ですが、海外に渡り、離れて暮らす事で、改めてそのありがたみを強く感じます。有休消化率の高いマレーシアでは年2回ほど、一週間近い長期休暇の取得が可能です。一時帰国し、久しぶりに家族や友人に再開した際の感動は何事にも代えがたいものですね。また、マレーシアには多くの日本人が住んでいるので、日本食料理店や日本の病院もあります。自国の料理がいつでも食べられたり、万が一病気になったとしても日本語で対応してもらえたりするので、海外にいながら日本にいるような安心感があります。


週末には国内の美しいビーチや、近隣諸国へサクッと旅行へ
クアラルンプールは、実はあの有名な航空会社「エアアジア」の本拠地でもあり、東南アジアのハブ的存在です。タイやベトナム、フィリピンといった周辺国へのアクセスが抜群なので、サクッと週末海外旅行もできます。もちろん海外旅行だけでなく、国内旅行も充実しており、マレーシアには息を呑むほど美しいビーチが山ほどあります。中でも私のお気に入りは「ペルフェンティアン島」です。最低限のレストランと宿しかない離島で、一日中、ビーチで昼寝・海水浴・スノーケリングを繰り返す、そんな究極のスローライフを味わいました。たまには携帯やパソコンから身を離し、自然に身を委ね、リラックスする時間が必要だなと感じました。


●STARTEKの仕事を見る
https://kamome.asia/job_search/85732/

●マレーシアのコールセンター・カスタマーサポートの仕事を探す
コールセンター・カスタマーサポートの求人

あわせて読みたい関連記事

<求職者の皆様にお願い>
カモメに掲載されている求人情報は、求人掲載企業に対して求人情報に虚偽がないようにお願いはしておりますが、掲載内容の全てを保証するものではありません。労働条件・待遇等については、ご自身で企業に十分確認されることをお願い申し上げます。また、求人掲載内容と実際の労働条件が著しく異なる場合、大変お手数ですが以下までお知らせいただけますようお願いいたします。弊社から求人掲載企業に誤記・虚偽がないか確認をさせていただきます。ご連絡先:info@kamome.cn