求人件数

最終更新日

コロナ禍の海外転職どうする?

第3回:中国渡航に必要な「ダブル陰性証明」「グリーン健康コード」の取得方法

海外就職ノウハウ 2021-06-29

コロナ禍の中国転職画像1

2021/06/29

第3回:中国渡航に必要な「ダブル陰性証明」「グリーン健康コード」の取得方法


こんにちは、カモメ編集室です。
今回は、コロナ禍での中国渡航に必要な「ダブル陰性証明」、「グリーン健康コード」の取得方法ほか、「航空券の購入方法」と「PCR・IgM抗体検査」についてもご説明します。

この記事は、コロナ禍まっただ中の2021年5月に上海へ渡航したカモメ新入社員(筆者)が体験した内容がもとになっています。日々、手続きは変更・更新されるため、常に最新の情報を入手するようお気をつけください。

【※重要※】2021年9月13日より、健康コードの取得要件が変更されます。ワクチンの接種者と未接種者、コロナ陽性歴の有無で、コード申請方法に違いがあります。なお、ワクチンを2回接種した後、14日間未満の場合健康コードを取得できません。詳しくは、以下をご確認ください。
http://www.china-embassy.or.jp/jpn/tztg/t1904798.htm(2021年9月6日更新)




渡航前には各種手続きがめじろおし!

中国渡航の準備は以下のようなスケジュールで行いました。



詳細について、順番にご説明します。

中国へは指定の直行便でのみ入国可能!

中国民用航空局により、日中間の航空便は運航制限がされています。中国へは指定の航空便の直行便でのみ入国が可能です。以下URLの、在中国日本国大使館のwebページにて直行便運航状を確認することができます。航空券はコロナ禍により高騰していて、筆者はLCCを利用しましたが、それでも10万円を超えました。高いですね……。

https://www.cn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/00_000317.html(2021年4月26日更新)

渡航日2日前以内にPCR・IgM抗体検査を!

渡航日の2日前以内には、中国駐日大使館・総領事館によって指定された検査機関でPCR&IgM抗体検査を受けて、ふたつの検査で陰性であることを示す「ダブル陰性証明」を取得する必要があります。さらに、渡航日1日前の20時までにダブル陰性証明(をスマホ等で撮影した画像)をオンラインで提出します。検査から証明書が発行されるまで数時間~1日かかるため、予定を逆算して検査を受けましょう。指定機関は、以下URLの駐日中国大使館のwebページから確認できます。

http://www.china-embassy.or.jp/jpn/sgxw/t1844962.htm(2021年3月29日更新)

筆者の場合は、渡航日2日前の午前に成田空港内にあるPCRセンターで検査を受け、その日の午後にダブル陰性証明を受け取りました。検査費用は4万円!想像以上に高額で驚きましたが、この金額が相場のようです。ただ、探せばもう少し安い施設もあるそうです。

ダブル陰性証明取得後すぐに健康コードを申請

検査機関からダブル陰性証明を受け取ったら、ただちに専用サイト「Health Declaration Certificate」にアクセスし、健康コードの申請を行いました。この申請は、渡航前日20時前までに行う必要があります。

1.Health Declaration Certificateにアクセス可能なQRコード



Health Declaration Certificateにアクセスをし、アカウント登録をして(メールアドレスとパスワードを設定)、21項目を記入していきます。この項目は随時変更されるため、あくまで参考にご覧ください(筆者が申請したフォーマットからもすでに変更されているようです)。

2. 申請フォーマットの内容

コロナ禍の中国転職画像7 コロナ禍の中国転職画像7 コロナ禍の中国転職画像7
コロナ禍の中国転職画像7 コロナ禍の中国転職画像7 コロナ禍の中国転職画像7
コロナ禍の中国転職画像7

1)名前 (パスポートと一致させる)
2)パスポートを選択
3)パスポート番号
4)パスポート写真ページ画像
5)ビザページ画像
6)中国国籍者以外はothersを選択し、日本国籍者はJAPANを選択
7)中国で使用可能な番号を記入
8)性別
9)誕生日
10)飛行機の出発地
11)フライトナンバー
12)飛行機の出発時間
※add flight transfer countryは選択しない
13)中国国内の目的地
14)PCR検査の結果を選択
15)IgM抗体検査の結果を選択
16)PCR検査を行った機関を選択
17)IgM抗体検査を行った機関を選択(16と同じ)
18)検査日を選択
19)ダブル陰性証明の画像をアップロード
20)航空機のEチケット画像や、予約ページ画像をアップロード
※「certificate of residence in the country where you live(住民票、免許証など)」は、2021年5月時点では提出しなくても問題にはなりませんでした。ただ、一度審査で不可になった方が免許証を再提出したところ、グリーン健康コードを取得できたケースもあるようです。
21)ワクチン接種の有無を選択
以上の21項目に答えるとオレンジ色のQRコードが表示されました。それから半日ほどたつと、審査が完了し緑色の健康コードが取得できました。航空機の出発時間までに間に合うように、余裕をもって申請を行うようにしましょう。審査にかかる時間が明確にはわからないため、〝グリーン健康コード″を得るまでは少し不安でしたが、早ければ数時間で発行されるようです。こちらの大使館情報も念のためご確認ください。

http://www.china-embassy.or.jp/jpn/tztg/t1865436.htm(2021年3月30日更新)


コロナ禍の中国転職画像7 コロナ禍の中国転職画像7

健康コードに関する一次情報は、以下の駐日中国大使館のwebサイトで確認できます。

http://www.china-embassy.or.jp/jpn/lsfu/t1836108.htm(2020年11月27日更新)

健康コードが取得できれば、出国前手続きも残すは「出入国健康申告」のみ。出入国健康申告は、中国到着予定の24時間以内から申請ができます。筆者は渡航日に早めに空港に行き、手続きを行いました。くわしくは次回ご紹介したいと思います。


2021/06/29



「コロナ禍の中国・アジア転職、どうする?
~2021年、コロナ2年目を迎えた海外転職事情~」一覧

あわせて読みたい関連記事

<求職者の皆様にお願い>
カモメに掲載されている求人情報は、求人掲載企業に対して求人情報に虚偽がないようにお願いはしておりますが、掲載内容の全てを保証するものではありません。労働条件・待遇等については、ご自身で企業に十分確認されることをお願い申し上げます。また、求人掲載内容と実際の労働条件が著しく異なる場合、大変お手数ですが以下までお知らせいただけますようお願いいたします。弊社から求人掲載企業に誤記・虚偽がないか確認をさせていただきます。ご連絡先:info@kamome.cn