求人件数

最終更新日

お役立ちコンテンツ

第6回:タイ現地採用者の給与事情【2022年版】

海外での生活事情 2022-09-27





こんにちは、カモメ編集室です。
海外転職をする際には、現地の給与水準と生活費が気になりますよね。
手取り給与で生活費は足りるのか、貯金はどれくらいできるのかーー。
今回は、タイの現地採用者の給与事情についてご紹介したいと思います!

就労ビザの取得基準は給与50,000バーツ以上
   ただし、BOI企業は例外


※1バーツ=3.8円で計算しています(2022年9月時点)

タイの現地採用者の給与水準は職種によってさまざまですが、一般的に50,000バーツ以上(約19万円)に設定されます。というのも、タイでは外国人が就労ビザを取得する条件として、給与が50,000バーツ以上である必要があるためです。

しかし、この規定には特例があります。投資推奨対象であるBOI企業は就労ビザの取得条件が緩和されるため、カスタマーサービスなどの求人では30,000バーツ程度(約11万4,000円)でもビザを取得することが可能なのです。しかし、就労する側からすると給与30,000バーツ程度というのは、生活費が足りるかどうかが気になりますよね。その時に確認していただきたいのが、住宅手当や家賃手当、インセンティブの有無、昇給制度が設けられているかどうかです。
手当等が含まれることで、金銭的に余裕が生まれます。また、昇給制度があれば、初めは30,000バーツからスタートだとしても、半年後、1年後にはより多くの給与がもらえることが期待できます。

それでは、あくまで一例になりますが、職種ごとの給与ボリュームゾーンをご紹介します。

タイの現地採用者の給与

上記に記載しているのは、入社時の“スタート給与”という点はご注意ください。スタート給与は50,000バーツだとしても、スキルアップすることで昇給できる可能性は十分にあるのです。

タイの生活費は36,700バーツ(約13万9,460円)
   50,000バーツの給与なら十分に生活が可能


※1バーツ=3.8円で計算しています(2022年9月時点)

以前、タイの生活費について調べたことがありますが(紹介記事はこちら)、モデルケースとなる現地採用者(単身)の生活費は、月々36,700バーツ(約13万9,460円)でした。ビザ取得条件となる50,000バーツの給与は、贅沢しなければ十分に生活ができる金額のはずです。

タイの生活費と給与


あらかじめ生活コストと給与水準を知り、現地の生活がイメージできていることは、よりよい海外転職をするためには大切なことです。
ぜひ、今回の記事も参考にしてみてくださいね。


2022/09/27



あわせて読みたい関連記事

<求職者の皆様にお願い>
カモメに掲載されている求人情報は、求人掲載企業に対して求人情報に虚偽がないようにお願いはしておりますが、掲載内容の全てを保証するものではありません。労働条件・待遇等については、ご自身で企業に十分確認されることをお願い申し上げます。また、求人掲載内容と実際の労働条件が著しく異なる場合、大変お手数ですが以下までお知らせいただけますようお願いいたします。弊社から求人掲載企業に誤記・虚偽がないか確認をさせていただきます。ご連絡先:info@kamome.cn