求人件数

最終更新日

お役立ちコンテンツ

第2回:マレーシアの生活費はいくら? 家賃や食費、水道光熱費【2022年版】

海外での生活事情 2022-07-29





こんにちは、カモメ編集室です。
海外転職をする場合、現地の生活費をあらかじめ知っておくことが大切です。
今回は、マレーシアの生活費についてご紹介します。
まずは、ひとり暮らしをする場合のモデルケースを見てみましょう!

マレーシア在住の20代女性、M・Oさんの場合
※1リンギット=30円で計算しています。


上記はあくまで一例ですが、1ヶ月に必要な生活費は4,505リンギット。日本円にして約13万5,150円です。日本よりも生活のコストパフォーマンスが良く、金銭的、精神的に余裕を持って生活することができるようです。

それでは、ひとつひとつの項目を見てみましょう!

マレーシアの住宅は安価で設備充実!
   6万円未満でプール付きマンションに居住可能!




マレーシアの家賃は日本と比べて安く、広くて設備が充実した部屋に住むことができます。現地採用の方の家賃相場は1,800リンギット前後(約5万4,000円)。中には、ジムやプール付きの住宅に住んでいる方もいます。しかも、家具付きが一般的なため、引っ越し時の初期費用が抑えられることも魅力的です。
ただ、一見外観が綺麗であっても、住んでみると騒音やカビに悩まされたり、洪水が発生しやすいエリアだったりする場合も。事前に内見して、注意深くチェックすることが大切です。

外食の回数で食費は大きく変動!
   平均は1,150リンギット(約3万4,500円)




食費は平均すると1ヶ月に1,150リンギット、日本円にして約3万4,500円です。ただし、自炊派か外食派かによって大幅に金額が変化します。
自炊中心のDさんは、1ヶ月あたり900リンギット(約2万7,000円)。
外食が中心のBさんは、1ヶ月あたり1500リンギット(約4万5,000円)でした。



A:700リンギット、B:1,500リンギット、C:1,500リンギット、D:900リンギット【平均1,150リンギット】(約34,500円)



水道光熱費は日本よりも安い!
   平均は120リンギット(約3,600円)




水道光熱費は日本よりも安価です。毎日在宅勤務した場合でも120リンギット、日本円にして約3,600円に抑えることができます。ただし、水道水は飲むことができたいため、浄水器やウォーターサーバーを別途準備する必要があり、意外と出費が嵩む場合も。



A:80リンギット、B:80リンギット、C:120リンギット、D:200リンギット【平均120リンギット】(約3,600円)




携帯インターネット代はリーズナブル!
   平均は83リンギット(約2,490円)




携帯インターネット代は日本と比べてとても安価!平均すると83リンギット、約2,490円です。基本的にプリペイド式のSIM契約が一般的とのこと。ただし、通信が不安定になったり、部屋の位置によっては通信が繋がりにくい場合も……。



A:148リンギット、B:100リンギット、C:35リンギット、D:50リンギット【平均83リンギット】(約2,490円)




移動は基本、タクシーで!
   平均は325リンギット(約9,750円)




マレーシアの交通費の平均は325リンギット、約9,750円でした。バスや地下鉄などはアクセスが悪かったり、時刻表通りに来ないことが多く、あまり使わないそうです。一般的に、移動はGrabというタクシーを利用します。タクシー代は日本と比べて大変安価ですが、頻繁に利用するためトータルすると1ヶ月に1万円近くはかかってしまいます。



A:300リンギット、B:300リンギット、C:400リンギット、D:300リンギット【平均325リンギット】(約9,750円)



生活コストがかからず、貯金が可能!
   生活ストレスや通勤ストレスが軽減された




マレーシアの生活費は日本と比べて大幅に抑えることができます。さらに、家電類が(掃除機、電子レンジ、アイロン、ドライヤー、電子ケトル、浄水器)が安く手に入るため、移住時の初期費用が抑えられるメリットもあります。常夏のため、衣服費もかからないという声もありました。

このようにマレーシアでは、現地採用者であっても生活費を押さえて、将来のための貯蓄が十分に可能です。さらには、残業や通勤などのストレスが減り、時間的、精神的にゆとりができることで、語学習得など自己投資できる側面もあります。

ぜひ、マレーシアに引っ越す際の参考にしてみてください!


2022/07/29



<求職者の皆様にお願い>
カモメに掲載されている求人情報は、求人掲載企業に対して求人情報に虚偽がないようにお願いはしておりますが、掲載内容の全てを保証するものではありません。労働条件・待遇等については、ご自身で企業に十分確認されることをお願い申し上げます。また、求人掲載内容と実際の労働条件が著しく異なる場合、大変お手数ですが以下までお知らせいただけますようお願いいたします。弊社から求人掲載企業に誤記・虚偽がないか確認をさせていただきます。ご連絡先:info@kamome.cn