求人件数

最終更新日

中国生活はじめの一歩

第7回:中国でタクシーの乗り方がわからない。DiDiの使い方【前編】

海外での生活事情 2022-01-13

コロナ禍の中国転職画像1

初海外転職&初中国のカモメ社員が、上海で過ごす日々をご紹介します。ひょっとすると、あなたにも役立つ暮らしの情報が見つかるかもしれません――。



2022/1/13

第7回:中国でタクシーの乗り方がわからない。DiDiの使い方【前編】


こんにちは、カモメ編集室です。

中国はタクシー料金が安く、市民の足として発達しています。
しかもタクシー手配アプリ「DiDi(滴滴)」というものがあり、このアプリを使えば、アプリ上でタクシーの呼び出し、行先の指定、降車時の支払い(電子決済)ができます。

DiDi

「言葉を一切使わないから、中国語ができなくても乗れる!」
「夜でもタクシーが捕まるから、終電を気にしなくなった!」
「安くて、早くて、便利! 毎日乗ってる!」

多くの日本人がこう言います。
しかし、筆者、このDiDiがものすごく苦手です。
中国生活のなかで一番怖いことは、このDiDiを使ってタクシーに乗ることです。

ケース1:ピックアップ場所を間違えた

アパートへの引っ越しを控え、布団や鍋、包丁をホームセンターで購入した日。
正直、地下鉄に乗って運べる量ではあったのですが、地下鉄の荷物検査で包丁が引っかかったら大事になる……。と、タクシーに乗ることに。

DiDi

DiDiでのタクシーの呼び出し方は以下の通りです。
1.ピックアップ場所をピンで指定。
2.目的地を入力(中国語で!)
※ちなみにDiDiは中国語のほか、英語表示も可能です。


タオバオ

この日も慎重に、タクシーを呼び出しました。
しかし、指定場所を間違えたのか、運転手から「どこにいるの?」という電話が……。
使えない中国語を使って、なんとかいる場所を伝えようとしますが、当然伝えられません。

慌てた筆者は勢いにまかせて、近くの通行人にスマホを渡してみることにしました。
いきなりスマホを渡された方は驚いていましたが、代わりに電話に出てくれて、タクシー運転手とやり取りをしてくれました。

DiDi

こうして、無事にタクシーに乗車することに成功!
この時は、この方法でDiDiを攻略したつもりでしたが、そう簡単にはいかないものです。

ケース2:100メートル先に止まるタクシー

別の日、またもや大荷物を抱えてタクシーを呼ぶことに。
しかし、再びピックアップ場所の指定が悪かったのか、運転手から電話がかかってきてしまいました。

すかさず近くの通行人の方に携帯を渡して、対応をお願いします。
今度もありがたいことに代わりにやりとりしてくれたのですが……
現れたタクシーは、なぜだか私が立っている場所から100m先に停車!

DiDi

戸惑う筆者。

しかし、周りの方々は「いまだ!いけ!走れ!」とばかりに促してきます。

意を決して、大荷物を抱え「ちょっとまって!」と大声を出しながら、全速力で車道(自転車用の道?)を走りました。


DiDi

後ろからは、バイクのクラクション音が聞こえてきますが、気にせず走ります。

私の横をすり抜けていく自転車やバイクーー

なんとか無事にタクシーに乗り込むことができました。

後部座席に腰を沈め、ほっとしたとたん、大声を出しながら走る自分の姿が目に浮かびました。

恥ずかしすぎる……。

***

DiDiを使う度にこの調子なのです。
いつのまにか、すっかりDiDi恐怖症をこじらせてしまいました。
今現在、タクシーに乗れなくなってから、半年以上たっています。
いい加減、克服したいものです。
ということで、ついに攻略する決意をしました。

つづく

次回、DiDiの使い方を徹底解説します!


2022/1/13



過去の記事一覧はこちら

<求職者の皆様にお願い>
カモメに掲載されている求人情報は、求人掲載企業に対して求人情報に虚偽がないようにお願いはしておりますが、掲載内容の全てを保証するものではありません。労働条件・待遇等については、ご自身で企業に十分確認されることをお願い申し上げます。また、求人掲載内容と実際の労働条件が著しく異なる場合、大変お手数ですが以下までお知らせいただけますようお願いいたします。弊社から求人掲載企業に誤記・虚偽がないか確認をさせていただきます。ご連絡先:info@kamome.cn